« 2004年6月23日 | トップページ | 2004年6月25日 »

■温室効果対策と羊のげっぷ

羊などの、反芻する家畜のげっぷやおならに含まれるメタンガスが
温室効果に繋がるということから、メタンガスを減らす血清を開発したようです。

畜産大国ともなれば、結構な数の家畜で、その家畜の出すメタンガスは
さらに・・・ということなんでしょうけど・・・。羊たちもげっぷまで人間によって
操作されてしまうとは・・・何かかわいそうな話だなぁと・・・。
メタンガスは、二酸化炭素の21倍の温室効果とかなんだそうですが、
できるだけ羊や家畜たちにやさしい対策であることを祈るばかりです。

車の排出ガスの規制とか、人間の作ったものによる環境汚染を抑えたりするのは
羊の出すガスを抑えるよりもさらに進めていくべきかと。

げっぷと言えば炭酸飲料!(笑)で、発売されたばかりの青いペプシ飲んでみました。
本当に青くてブキミな飲み物でした。味も個人的には、普通のペプシの方が
いいなぁと・・・思ってしまいました。しかしこの色は飲む気が失せます・・・。

■羊の「げっぷ」、温室効果ガス減らす血清開発と
 (CNN.co.jp)
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200406220014.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月23日 | トップページ | 2004年6月25日 »