« ■新型ロボット!? | トップページ | ■翼竜の卵の化石発見 »

■産地が産地で無くなるとき

地球の温暖化により、りんごやみかん等の産地が北上して、現在の産地では
栽培ができなくなる可能性があるようです。
2060年ごろに年平均気温が4~5度上がるという予測の元での話のようです。

今から50年も生きてるかどうかはともかく、産地が変わるというのはすごい予測
ですね・・・。
突然50年後の話をされて、しかも本当にそうなるのか怪しいという言い方です。
何か不安を煽るだけの、結構無責任な報告な気もします。
友人にみかん農家やってる人間がいますが、彼の発言をいろいろ思い出しました。

産地の方が「既に何らかの影響が出てる」と言ってるのが気持ち表してますよね?

■地球温暖化:2060年 リンゴ、ミカンの特産地北上
 (MSN Mainichi)(情報元:カトゆー家断絶)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040609k0000e040077000c.html

|

« ■新型ロボット!? | トップページ | ■翼竜の卵の化石発見 »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/739924

この記事へのトラックバック一覧です: ■産地が産地で無くなるとき:

» 愛媛の魂が食べれなくなる [Soulful Shout -魂叫-]
2060年 リンゴ、ミカンの特産地北上 50年後には、みんな大好き愛媛のみかんが食べれなくなるそうです。 こんなニュースもあったりして、日本で最もすばら... [続きを読む]

受信: 2004.06.10 01:59 午後

« ■新型ロボット!? | トップページ | ■翼竜の卵の化石発見 »