« ■ナスカの地上絵が一部消される | トップページ | ■弥生時代の始まり »

■音声解説するメニューをロケテスト

タカラが「D-touch(ディータッチ)」という自社システムを使って、日本橋でロケテスト
してるようです。内容は、メニューを「ディータッチ」のペンでタッチすることで、
メニューの情報を説明してくれるというもののようです。

結構興味深いテストではないかと思います。
玩具売り場で見たことがあるのですが、よく見ると印刷面に黒い点々がついてます。
これがバーコードのようなものになっていて、それをペンで読むという仕組みです。
メニューの写真の上に点々がついてると、結構気になってしまうんですが、そのテスト
も含んでるようです。なるほど。
今後様々な展開を考えてるとのことだったと思う(「おはなしせんせい」の発表のとき
だったかな?)ので、こういうテストは重要だと思います。
写真集とか画集の解説としてつけるなら、個人的には気になるので、絵には被せて
ほしくないかもです。でも、面白いことができそうなので今後の展開に期待です。

■「音の出る印刷」はメニューブックを変えるか!? タカラがカフェで実験中
 (Nikkeibp.jp)(情報元:HK-DMZ PLUS.COM)
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/321219

【参考】
■おはなしせんせい(公式)
http://www.takaratoys.co.jp/sensei/ohanashi/

|

« ■ナスカの地上絵が一部消される | トップページ | ■弥生時代の始まり »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/1045179

この記事へのトラックバック一覧です: ■音声解説するメニューをロケテスト:

« ■ナスカの地上絵が一部消される | トップページ | ■弥生時代の始まり »