« ■弥生時代の始まった時期 | トップページ | ■バンダイ らくがきせっけん発売 »

■地球の自転データの解析が4.5時間に

情報通信研究機構(総務省系独立行政法人らしい)が米マサチューセッツ工科大
(MIT)と共同で、高速インターネット網を使い地球の自転の解析時間を大幅短縮に
成功したとのこと。

自転の解析には膨大なデータが必要で、以前は日米間で輸送してたとか。それが、
高速インターネットでのやり取りができ、解析にかかる時間が1週間から4.5時間に
なったようです。1時間分で13.5ギガバイトのデータを、24時間分でやることも
可能らしい・・・。
通信速度が毎秒1ギガビットってのに驚きました。1ギガバイトのHDDを買ったとき
には「ギガかぁ~」とか思ってたのに、今時の高速通信じゃ8秒?で送れてしまうん
ですよね・・・(笑)

■地球自転の膨大データ、高速IP網で送受信
 (ITビジネス&ニュース)
http://it.nikkei.co.jp/it/news/seisaku.cfm?i=2004082602952j2

|

« ■弥生時代の始まった時期 | トップページ | ■バンダイ らくがきせっけん発売 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/1314365

この記事へのトラックバック一覧です: ■地球の自転データの解析が4.5時間に:

« ■弥生時代の始まった時期 | トップページ | ■バンダイ らくがきせっけん発売 »