« ■ティラノサウルスの研究発表 | トップページ | ■アトランティスはアイルランド説 »

■宇宙作業用ロボットで修理

ハッブル宇宙望遠鏡(高度600キロ)の修理用に、カナダ製のロボットを送って
改修させる計画があるようです。

ロボットは2本のアームを持つとのこと。NASAは、あまり乗り気ではないらしく
もめてたようです。
ガンダムとかパトレイバーとかを普通に好きなので、すぐにそういう想像をして
しまいがちですが、実際にそういうロボットが作業すると聞くと、血が燃えます!

ハッブル望遠鏡は・・・確か宇宙からの観測により、地上の望遠鏡からよりも
大気の障害等が無い分いろいろとできることがあったというものだったかと
思いますが(すごい適当だ・・・)、修理して使えるものであればぜひそうして欲しい
ところです。ただ、費用とか維持費は大変なんだとは思いますが・・・。

■ハッブル望遠鏡、ロボットで修理へ
 (YOMIURI ONLINE)(情報元:魔天)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20040812i314.htm

|

« ■ティラノサウルスの研究発表 | トップページ | ■アトランティスはアイルランド説 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/1187779

この記事へのトラックバック一覧です: ■宇宙作業用ロボットで修理:

« ■ティラノサウルスの研究発表 | トップページ | ■アトランティスはアイルランド説 »