« ■新型アイボ | トップページ | ■イタリア南部の遺跡 »

■H2 7号機ロケット廃棄の危機

打ち上げられなかったH2ロケットの7号機が、技術資料として保存する予定だったが
輸送、保管費用が高くつくため、引き取り先が決定せず破棄される恐れがあるらしい。

宇宙航空研究開発機構としては残したいらしいんですが、輸送にも保管にも金が結構
かかるようで、時間切れになりそう・・・とのことです。次のロケット「H2A」がもうじき来
るってことで急いでるようです。
しかし、財産目録上の資産価値が1円って・・・型が古くなった携帯とかじゃないんだ
から・・・。
しかし、自分も物を捨てられない人間ですが、これだけ大きいと引き取る方も大変って
ことで・・・。計画性をもって作らないと・・・。って、再利用とかできないんでしょうかね?

■貴重な資料「H2」7号機、引き取り手なく廃棄の危機
 (YOMIURI ONLINE)(情報元:HK-DMZ PLUS.COM)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20041009i303.htm

|

« ■新型アイボ | トップページ | ■イタリア南部の遺跡 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/1642509

この記事へのトラックバック一覧です: ■H2 7号機ロケット廃棄の危機:

« ■新型アイボ | トップページ | ■イタリア南部の遺跡 »