« ■ムシキングミュージアム1周年イベント | トップページ | ■漢字政策の見直し »

■科学者が30年後の未来を予測

文部科学省が30年以内に実現可能な科学技術について予測してもらったようです。
2015年までに家事を手伝うロボットが普及し、2025年までに巨大地震の直前予知が
可能とか。今後30年以内に「技術的に可能な時期」「応用され普及する時期」を尋ねた
とのこと。

約2600人が回答したというのがすごいかも。むしろ、その結果を集計して、公表して
ほしいものです。
家事を手伝うロボットは、共働きな家庭には結構需要があるのかもと思ったりしました。
(性能と安全性次第だとは思いますが・・・(^_^;))
ちなみに、バンダイから、ドラえもんのロボットとか出てたりもしますが、もっと大きなもの
ですよね・・・とか思ったり・・・。いや、その前にドラえもんは家事を手伝うロボットでは
ないとか言われそうですが・・・。
回答してる方たちも、予測できる範囲で答えてるとは思うので、集計結果をホント見て
みたいです。

■「あればいいな」が現実に…今後30年を科学者が予測
 (YOMIURI ON-LINE)(情報元:カトゆー家断絶)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050124i101.htm

|

« ■ムシキングミュージアム1周年イベント | トップページ | ■漢字政策の見直し »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/2686748

この記事へのトラックバック一覧です: ■科学者が30年後の未来を予測:

« ■ムシキングミュージアム1周年イベント | トップページ | ■漢字政策の見直し »