« 2005年5月28日 | トップページ | 2005年6月2日 »

■屋久島の縄文杉

屋久島(鹿児島県)の縄文杉が、樹木医によると樹皮の一部が削られた為、傷口から
腐敗する恐れがあるようです。縄文杉には金属製の物で削ったような傷で、樹皮の下
まで達しているとのこと。

記事の下に、観光客の言葉で「縄文杉は日本の宝。そんな大事な物を傷付けるなんて
信じられない」と怒りをあらわにしていたとかありますが、本当に大切にしたいと考える
のであれば、人を一切入れない方がいいのではないかと・・・思ったり。
少数の専門家がときどき行って、写真などを公開するとか、そもそも木の下に行けない
ようにするとかしなければいけないのではないかと・・・。

■屋久島の縄文杉、傷口から腐敗の恐れ 樹木医が調査
 (Sankei Web)(情報元:カトゆー家断絶)
http://www.sankei.co.jp/news/050528/sha085.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月28日 | トップページ | 2005年6月2日 »