« ■自由研究のインターネット利用 | トップページ | ■タイトー業務用カードゲーム機参入 »

■カブト、クワガタ外来種による生態系の危惧

最近の外来種のカブトムシ、クワガタムシの人気で、輸入種が増えたため、飼育
されていた外来種が、逃げたり捨てられ、日本のムシの生態系に与える影響が
危惧されているという記事です。

ブームで輸入量も急増しているようです。国も特定外来生物被害防止法(外来生物
法)を施行したものの、甲虫目は指定になかったようです。
国の対応はともかく、記事にもありますが、飼育するときの指導の仕方をまず徹底
するべきかと思いました。
自分の子供の頃は、飼育の自信が無いことが親にばれると、まず飼わせてもらえ
なかった記憶があります(^_^;)
外来種の甲虫もカッコいいんですが、日本の甲虫がいなくなることを真剣に子供達
にも考えて欲しいです。

■外来種昆虫:カブトムシ・クワガタ激増 生態系に危惧も
 (MSN-Mainichi)(情報元:カトゆー家断絶)
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20050818k0000e040076000c.html

|

« ■自由研究のインターネット利用 | トップページ | ■タイトー業務用カードゲーム機参入 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/5537118

この記事へのトラックバック一覧です: ■カブト、クワガタ外来種による生態系の危惧:

» 生態系を壊すウシガエルをサーチ&デストロイ!! [鯖田鮫蔵的批評 (&リベラシオン抄訳)]
 日本では「アライグマの野生化」という問題がある。1970年代後半に放映されたアニメ「あらいぐまラスカル」でアライグマのペットブームが起きたが、その後でアライグマに飽きたり育てきれなかったりした人が次々とアライグマを野や山へと放った。北米原産のアライグマは凶... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 09:39 午後

« ■自由研究のインターネット利用 | トップページ | ■タイトー業務用カードゲーム機参入 »