« ■ドラゴンクエスト展 | トップページ | ■恐竜の絶滅の原因? »

■衛星部品にぶるかる確率は 3200分の1

NASA の発表によると、20年前に打ち上げられた衛星が23日前後に大気圏突入し、部品が地球上に落下してくるとのことです。落下場所は特定できてないものの、日本を含めた範囲が対象らしいです。で、人口密度を元にした破片に当たる確率が、3200分の1なのだとか。

地球上に落ちてくる部品数とかまで推測されてるからこそ、出てくるぶつかる確率なのだとは思いますが、それにしてもぶつかる確率高めだなぁーと思ってしまいました。
あと、注意する期間ですが、23日前後というのは、何とも曖昧な範囲なので、外に出るときには頭上注意するしかないですね・・・。
ぶつかりたくはないですが、衛星の部品というのはちょっと見てみたいです。


■衛星部品26個・計五百キロ超…23日前後落下(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110919-OYT1T00487.htm

|

« ■ドラゴンクエスト展 | トップページ | ■恐竜の絶滅の原因? »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3705/52787895

この記事へのトラックバック一覧です: ■衛星部品にぶるかる確率は 3200分の1:

« ■ドラゴンクエスト展 | トップページ | ■恐竜の絶滅の原因? »