生活

■水族館のラッコが減ってる

水族館で飼育されてるラッコの数が減っているそうです。
原因は、移動時のストレスに弱い、繁殖、輸入が難しいなどが理由のようです。

ラッコブームとかパンダブームとか、話題になってるときは、人が押し寄せるわけですが、だいたいの人が見てしまったりなどで、話題にもならなくなるのはちょっと寂しい気はします。話題になった動物たちは、その後も飼育はされてるし、生き物ですし。

人間の都合で連れてこられたものの、デリケートな動物には、動物園の生活もしんどいのかも・・・と思うと、申し訳ない気もしてしまいます。動物に限らず熱帯魚や、もっと身近な犬や猫もそうなんですけども。かといって、確かに動物園に行くかぁー!ということにはならないので、アレですが・・・。

いろいろと難しい問題が重なってるとは思いますが、ラッコには少しでも幸せに生活できることを祈りたいと思います。あと、記事によるとロシアの輸送技術の低さも問題になってるようなので、ロシアが技術を高めて頂きたいです。ラッコの安全の為にも。


■消えゆくラッコ…水族館の飼育数激減 繁殖や輸入難しく(asahi,com)
http://www.asahi.com/national/update/0118/SEB201201180016.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■靴を履いてるようなくつした くつくつした

靴の柄の靴下ということのようです。靴下に革靴やら、スニーカーっぽい柄が描かれています。

靴を脱いであがる習慣の無い、海外の人に・・・ということらしいです。
もっとリアルなものを想像したんですが、レビュー記事によると、普通に靴下な感じのようです。
肌触りがいいとか、やわらかい布地というがよさそうな感じです。


■靴を履いているっぽく見せるグッドデザイン受賞アイテム「くつくつした」
 (Gigazine)
http://gigazine.net/news/20111128_kutsu-kutsushita/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SEE OH! Ribbon(しおりぼん)

デザイン会社のセメントプロデュースデザインという会社が、「SEE OH! Ribbon(しおりぼん)」という商品を発表したようです。

しおりとして使うと、本の外側をリボンが可愛らしく飾ってくれる商品ですが、確かに可愛らしいなぁと思いました。地域産業協業活動ということらしく、福井県のリボンメーカーとの協力らしいのですが、いろいろ種類があって楽しそうです。
男性向けのとかは無い・・・んですよね・・・きっと。


■リボンの要素も兼ね備えたユニークなしおり、「SEE OH! Ribbon(しおりぼん)」
 (Excite bit)(情報元:HK-DMZ PLUS.com)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1321004624660.html?_p=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■パンダのイヤホンジャック穴を塞ぐアクセサリー

イヤホンジャックの穴をふさぐぬいぐるみのようなアクセサリーがあるようで、累計1万8100個売れてるようです。

確かにイヤホンジャックの穴はホコリが入ったりすると思うので、ふさぎたい気持ちはあるかもですね。
据え置きゲーム機、携帯ゲーム機用のとかを見たことはありますが、飾りっ気の無い感じのものだったので、これは面白いなぁと思いました。パンダのポーズにいくつか種類があって、集めて付け替えたりとかできるのも楽しそうでいいですね。


■イヤホンジャックに挿すふさふさパンダ(exciteニュース)(情報元:HK-DMZ PLUS.com)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1320304251760.html?_p=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ペットボトル、プルトップが簡単に開けられるグッズ

「ペットボトル&プルトップ楽々オープナー笛付きボールチェーン」というものがあるらしい。
ペットボトルの蓋は、リング状になった方で開け、プルトップは、反対側をプルトップに差し込んで開けられるようです。
価格も294円なので、1つ持っていると便利かもしれません。
色もいくつかあるようなので、見た目もそれなりにいいかも。
ペットボトルは、ときどき何故か開けにくいときがあるんで、気になってしまいました。

■爪を傷めずドリンクのフタが開けられる便利グッズ
 (ExciteBit)(情報元:HK-DMZ PLUS.COM)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1263786069126.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■時刻表が1000号

JTBパブリッシング発刊の時刻表が、20日発売号で、1000号になるようです。
創刊が1925年だそうで、84年も出しているとのこと。

100年くらい前からっていうのが・・・すごいです。
記事には、推理小説とかのトリックで使われたり~とか書かれてますが、時刻表を見るのも一苦労な私には、トリックを作る小説家に脱帽なのですが・・・。それにしても1000号は気持ちいいです。

■「時刻表」1000号…世相映して84年
 (YOMIURI ONLINE)(情報元:読みゲー)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090417-OYT1T00059.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■コクヨS&T カドケシスティック

カドケシが、ペン型のケースに入った商品のようです。

スティック型になっているので便利そうです。しかも詰め替えもできるみたい。普通に便利そうです。あと、こういう形で来ましたか!っていう驚きとで物欲が刺激されました。見かけたら使い心地を試したいと思います。

■コクヨS&T、細かい部分が消しやすい、極細でホルダータイプの消しゴム「カドケシスティック」を発売
 (NIKKEI DESIGN)(情報元:HK-DMZ PLUS.com)
http://blog.nikkeibp.co.jp/nd/news/2009/03/201906.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■駅の電光掲示板風腕時計

8/11から、駅の電光掲示板風腕時計「山手線電光掲示板ウォッチ 新宿駅バージョン」というものが発売されているようです。この腕時計の文字は、駅で使われている字体(新語M体)と同じものなのだとか。

値段がバンドの種類で若干変わりますが、2万5200円と、2万3100円は・・・ちょっと高いなぁと思ってしまいました。新宿の他には、池袋、品川、恵比寿もあるようです。「また、一定の条件が揃うと数パターンの“隠れワード”を表示します。」という解説にあった内容が気になります(^^;)
行き先の表示は、いくつかからのランダムとのことで、せっかくなので、実際の時刻表での表示とかができると面白いのに・・・というか、すごく便利なのに・・・と思いました。いろいろ権利問題とかあるのかもしれませんが。

鉄道ファンの方を狙った商品かとは思いますが、洒落で買ってみるにはちょっと高いかもしれません。


■「電車がまいります」 駅の電光掲示板を再現した腕時計
 (JCASTモノウォッチ)(情報元:HK-DMZ PLUS.COM)
http://www.j-cast.com/mono/2008/09/22027354.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■N700系新幹線の設備

7月1日から東海道・山陽新幹線に登場する新型車両N700系の営業車両
が、報道関係者に公開されたようです。

今回の車両では・・・

・座席の6割でパソコン用電源がある。
 (グリーン車全席、普通車の最前席、最後部席、窓側席)
・カーブで速度を落とさなくても走ることで、東京-新大阪間で5分短縮。
・喫煙室が用意されていて、全席禁煙になってる。

などの快適性がアピールされたとのこと。
航空業界との競争が激しいらしい・・・。


■次世代「N700系」新幹線はPCも快適に
  7月に東海道・山陽新幹線にデビューする新型車両「N700系」は、
  高速性に加え車内の快適さも追求。約6割の席で電源を備え、
  ノートPCも快適に利用できそうだ。
 (ITmedia News)(情報元:Hjk)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/23/news095.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カプコン 学研ひみつシリーズ寄贈

カプコンが学研と協力し、学研「テレビゲームのひみつ」を製作、5月1日発刊
し、全国の小学校、公立図書館に寄贈したそうです。

残念ながら、非売品で一般売りはされないようです。
プレイヤー側、クリエーター側それぞれの立場から描かれているようです。
ひみつシリーズ懐かしい・・・。
たくさん買ってもらいました。
何で非売品なんだろと思ってしまいました。
(カプコンの開発や、カプコンのソフトについて描かれてるから?)


■カプコン、学研の協力で「テレビゲームのひみつ」を発刊
  全国の小学校や公立図書館に寄贈
 (Game Watch)(情報元:incomplete blue)
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070508/capcom.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧